個人情報の保護について

情報セキュリティについて

情報セキュリティ基本方針

一般財団法人建設物価調査会(以下、当会)は、信頼される情報の提供を理念とし、事業活動を行うにあたり調査情報、調査結果、顧客に関する情報等、多くの情報資産を保有しています。当会は、公益事業活動を正常かつ円滑に行う上で、これら情報資産のセキュリティ確保が重要事項であると考え、当会が保有する情報資産の適正を確保する指針として「情報セキュリティ基本方針」を策定しこれを実施します。

  1. 情報資産の保護
    当会は、情報資産の機密性、完全性及び可用性を確保するために、組織的、技術的に適切な対策を講じます。
  2. 法令等の遵守
    当会は、情報セキュリティに関する法令等に準拠した規定を定め、情報セキュリティの確保に向け取り組みます。
  3. 教育、研修の実施
    当会は、役職員が情報資産の重要性を認識し、適切な取り扱いを完全に実践できるように、必要な教育研修を実施します。
  4. 継続的な改善
    当会は、情報セキュリティに関連する規程・管理体制の見直しを定期的に実施し、継続的な改善を図ります。
  5. 事故への対応
    当会は、事業運営上重要な情報資産をウィルス及び悪意のあるソフトウエア、改ざん、漏洩、不正利用等から保護し、事業活動の中断や情報セキュリティ事故の発生予防に努めます。万一事故が発生した場合は、速やかに原因を究明し必要な改善を図ります。

一般財団法人建設物価調査会

くるみんマーク

「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けることができました。

TOKYOワークライフバランス認定企業

東京都いきいき職場推進事業における審査の結果、長時間労働削減取組部門において、ワークライフバランス認定企業として認定されました。

建設物価関連サイト

  • 出版物のご紹介
  • 復興!ニッポン Web建設物価
  • 建設業界の取引拡大支援サイト
  • 建設物価BookStore

このページのTOPへ